リアリストにFXの副業がおすすめの理由

この記事を読んでいる方の多くは、おそらくリアリストなのではないかなと思います。
リアリストとは、そう…現実主義者ですね。
冷静で、客観的な事実を重視し、現実的な路線で考える。
そんな方には、ぜひFXの副業がおすすめです。
その理由について、詳しく書いていきますね。

では、どうしてリアリストはFXがおすすめなのでしょうか?
それは、リアリストの方には、FXに強い適性があるからです。では、まずはリアリストの人の特徴について、書いていきましょう。

リアリストの人は、日本語にすると現実主義者と呼ばれ、現実的なことを考えますよね。
「運」だとか「想い」だとかに囚われず、より論理的な物を好む傾向にあります。

例えば、何か目標が合った時に、一般的な人はそこに向かって普通に走り出します。
しかしながら、リアリストの人はそんな方法はしません。
目標があった場合、まずはその目標が、現実的に達成可能なのかどうかを考えますよね。不可能なものの場合は、やりません。
そして、達成可能だとしたら、その根拠を示します。
その根拠を示すために、「計画」が必要なわけです。
こうしてこうしてこう行けば、おそらくその目標地点に到達できるだろうと考えますよね。
そして、万が一の時に備えて、不測の事態の時の事もきちんと対処法を考え、やっと走り始めます。

これはもう、FXに適性がありすぎると言っても過言ではありません。
実は、FXでも勝てる人というのは、このような人だからです。

FXでは、多くの人は負けます。
これははっきり言いますが、勝てる人は1割程度で、9割が負けます。
しかし、多くの人は「自分が負ける」とは思っていません。自分がこの勝てる1割に属していると思っているのです。
そして、何も考えずに「何となくで勝てる」みたいなノリで投資をして、大損をします。
これが負ける人の特徴です。

かりにFXの玄人であったとしても、最終的には運に任せてしまう人はたくさんいます。

しかしながら、リアリストは違います。
まず、本当に自分が勝てる1割の人間なのかを現実的に考えます。
そして、そうでないとしたら、ではどうしたらその1割に入れるのかを考えるのです。
そして、投資をする場合も、なぜ今投資をするのか。どのように上がる事が予想されるのか。そして、上がるとする根拠は何なのか。
そういった事を、一つ一つ論理的に組み立てます。絶対に運任せにはしません。
そのため、リアリストの人は圧倒的にFXで勝ちやすいのです。

リスクこそありますが、ぜひFXの副業をやってみてください。
リアリストの人は一般の人より遥かに勝ちやすいと思いますよ。